• 調理された家
  • フローリングのある家
パステルカラーの一戸建て

ワックスの種類

フロアコーティングにはたくさんの種類があり、性能が高いものも販売されています。一度コーティングしていくと20年も持つほどの耐久性を備えているコーティング剤も出てきているのです。

おしゃれなリビング

気になる価格

使用するコーティング剤とフロア面積の大きさによりフロアコーティングにかかる費用は異なっていきます。安価な家庭用ワックス剤を使用するよりも専門的な業者によるコーティングの方が結果的に費用を抑える事が出来る場合もあるのです。

テーブルとリビング

綺麗な仕上がりに

フロアコーティングを行っていくと、ワックス剤の効果によりお部屋全体を明るくすることが出来ます。清潔感が生まれ明るいお部屋によって家族を明るく快適に生活することが出来ることでしょう。

フローリングの広い部屋

耐久性が上がる

フロアコーティングを行うメリットはなんと言ってもお部屋のフロアコーティングの耐久性を格段に上げていく点にあります。傷や汚れを寄せ付けないフローリングになり、特にペットや子どもが多い家庭では重宝されることでしょう。

明るいお部屋に

ヘルメットを持つ男性

住まいのフローリングは、毎日人が歩いていくものになるので長年住み続けていくと塗装が剥がれるなど劣化が見られるようになります。
特に小さな子どもやペットがいる家庭では予期せぬようなアクシデントが起きる場合も多く、老朽化が激しい場合もあります。
住居に必要な家具なども置かれているので、傷などが出来てしまう可能性も十分にあります。
このような汚れや傷を予防していく為にも、フローリングには定期的なケアが必要になります。
そこで多くされているのが「ワックスがけ」と呼ばれるもので、家庭用のワックス剤を利用してフローリングをコーティングし傷や汚れから防いでいく方法があります。
ワックスがけをしている住宅も多いですが、一般的な家庭用のワックスの寿命は1年程度だとされています。
また、耐久性も弱く強い衝撃があると剥がれてしまったり、フローリングに液体をこぼした場合、そのこぼしたものの成分によっては容易に剥がされてしまうのです。
剥がれてしまうとまたワックスの塗り直しを行っていく事になるので、手間と時間が必要になってしまいます。
そのような状態を解決していくために、近年はフロアコーティングを専門的に行ってくれる業者もあり、利用者も多くいるのです。

実際に専門の業者を通じてコーティングを行う場合は、豊富なコーティング剤の中から選ぶことが出来ます。
多く利用されているものは、「ウレタンコーティング」、「ガラスコーティング」、「シリコンコーティング」、「UVコーティング」と呼ばれるものがあります。
家庭用として使用されているアクリル系ワックスとは異なり、どれも耐久性が高いのが魅力です。
一度コーティングを行っていくと3年はゆうに持ち、コーティング剤の種類によっては20年持つものも存在しています。
比較的安価だが、それなりの耐久性を持つものがウレタンコーティングになります。
摩擦や衝撃にも強い耐久性をもち、状態がよければ8年程度コーティングの効果を実感することができます。
ほかには、ガラスの素材を粒子化し、コーティング剤と一緒に吹きかけるガラスコーティングは、高度が非常に高く水や洗剤、薬品関係をこぼした場合にも簡単に剥がれる事は無いのです。
現在使用されているフロアコーティングの中で最新の技術を使用しているのが、UVコーティングと呼ばれるもので、どのコーティング剤よりも性能が高い事で知られています。
価格は多少高額になりますが、20年以上は耐久性を保持してくれるので、トータルで考えていくと安くなる場合も十分にあるのです。

コーティングを行っていくと、ワックスが塗られた箇所はツルツルピカピカになり、お部屋や外の光を反射する程です。
部屋全体をワントーン明るくすることが出来るでしょう。
基本的にフローリングは水に弱く、水分が付着すると塗装が剥がれてしまうのです。
コーティングを行うとフローリングにまで染みることが無いので、劣化を未然に防いでいく事が出来るでしょう。
傷にも強くなるので、家具などを起き続けても安心です。